月々の支払い

貯金をするより学資保険の方が良いのか

学資保険に入る理由は単純なものです。
子供の将来の足りない教育費を早いうちから積み立てておくということになります。
そこで学資保険といった保険商品が登場してきています。

また、満期まで保険料を支払った場合には、通常は支払った保険料よりもたくさんの満期学資金が返ってくることがほとんどです。
まれに元本割れの学資保険もありますが、事前に情報を仕入れてそうした保険に入らないようにしましょう。
では、きちんと貯金をしている人はどうでしょうか?銀行に毎月積み立てで貯金をしている人はとても堅実な性格の人です。

しかし、今現在銀行の預金の金利はとても低くなっています。
そして、毎月積み立てることはいいのですが、10年や20年経っても、元本部分しか貯まっていないということになります。
これは長い時間をかけてせっかく積み立てたのに、あまりうまく運用できていなかったということになります。

株や不動産などの投資なら元本を下回ることがありますが、学資保険はそうした心配はあまりありません。
同じようにお金を毎月積み立てていても、保険の返戻率が100%を超え110%くらいになっている場合もあります。
そうすると、貯金をしていたときよりもはるかに高い利息を受け取っていることになるわけです。

条件としては満期まで積み立てていたということが前提になりますが、そうでなくても、学資保険に医療保険を付加することもできますし、親と子供の両方の生命保険や年金代わりに利用することができます。
こうして考えると、貯金よりも学資保険のほうが圧倒的に有利なものであると考えてください。
学資保険は貯金や投資ではなく、将来のために保険料を払っているのですから、期待できる効果は必ず得られると考えてください。
ただ、学資保険は中途解約をすると損をすることがあります。
そうした点に気をつけることができれば、学資保険をうまく利用して、子供の将来の教育資金をしっかりと貯めていくことができるでしょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.