月々の支払い

学資保険は月々いくらぐらいかかるもの?

子供の将来にために入る学資保険ですが、通常の生命保険も入っているのに、今から加入して15年後や18年後といった遠い未来に対しての備えをすることは、想像できないことかもしれません。
でも、子供が無事に成長していくとするなら、確実にやってくる事態に備えることは当たり前のことなのです。
特に学資保険は、子供が小さいころにしか入ることができません。

そして、保障と給付金の両方を兼ね備えた保険はあるようでなかなかないものです。
そして、毎月の予算の問題もあります。
受け取る保険金はいくらになるのかをあらかじめ計算してから、保険に加入するようにしましょう。

保険期間は、とても長く15年から18年ほどの長期的なプランを練る必要があります。
保険とは将来を見据えた上で設計するものですから、途中でどんなことがあっても解約するべきではありません。
そうしたことを考えると、毎月の保険料も決まってくるでしょう。

給付金の受け取り一時金を含めて考えるようにし、保険料も月にすると5000円から2万円くらいまでの間にしておきましょう。
もちろん、支払う保険料が多ければ、一時金や給付金も多くなります。
また、払い込みの年齢を選べるような学資保険もありますが、気をつけなければならないことは、返戻率が100%を超えているかどうかです。

できれば返戻率が100%を超えるような学資保険を選ぶようにし、支払う保険料も年代によって変えられるような設計の変更ができる保険もいいかもしれません。
月々の保険料は、家計の負担にもなります。
将来いくら必要になるのかをよく考えて、子供がまだ小さいうちに払い済みにしておくことで、いざというときの支出にも備えることができます。
ということで、月々にかかる学資保険の保険料は、入ったときのままにしておくのではなく、数年ごとに見直しをしながら必要な保険料を決めていくとよいでしょう。
目安は1万円前後です。
1万円前後の保険料なら子供のためにもなりますから、入っておいて損はないでしょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.