月々の支払い

学資保険の申込みに必要な書類は?

子供のために入る保険の中で特に教育について熱心なご家庭にオススメしたいのが、学資保険です。
子供が大きくなったときに十分な教育を受けさせてあげたい、またお金に余裕がある家庭でも、働いている親にもしものことがあったときに、残された子供のことを考えると通常の預貯金だけではカバーしきれない部分があります。
特に教育に関しては、生命保険とは少し違った学資保険というものが用意されていますので、そちらに加入するほうがいいということになります。

学資保険のことをいろいろと調べて加入しようと思ったときに、どのような書類を用意すればいいのでしょうか?必要な書類についてはあらかじめ調べておいたほうが、契約もスムーズに行くはずです。
ここでは、学資保険の申込みに必要な書類についてお伝えします。
保険の申込みには審査があって、その審査も生命保険や医療保険と同じように健康状態がよくないと、断られるケースがあります。

そのときに必要な書類にはいくつかありますが、まずは契約申込書です。
そして、告知書、意向確認書と大きくわけるとこの三点になるようです。
契約申込書に関しては、子供や親の年齢について審査の対象になっています。

年齢が審査の対象になる理由には、学資保険は子供の年齢が0歳から7歳までが対象となっているからです。
また、親の年齢についても、55歳や60歳などといった、まだ親が元気で働いているような状態のときにしか加入することができません。
満期に関しては10年後や20年後になり、親のほうが亡くなってしまうリスクのほうが高くなってしまうからです。

また、告知書ではどのようなことを審査するのでしょうか?告知書では、子供や親の健康状態や病歴について書く必要があります。
ここで気をつけることは、現在、病気で治療中の場合や過去5年以内に大きな病気をしたという場合、加入を断られることがあります。
告知書に書く内容は正確な内容でなければなりません。
嘘の記載があったときは、告知義務違反で保険金が支払われないことがあります。
そうならないようにしっかりと記載するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.