月々の支払い

還元率が100%を超える学資保険もあるの?

学資保険は将来の子供のための教育資金として長期間にわたって積み立てておく貯蓄のような性格をしたものです。
せっかく積み立てたお金ですので、できれば元本を割って欲しくないものです。
ところが、保険会社によっては、積み立てた金額よりも少ない金額が満期学資金として戻ってくることがあります。

これは返戻率が100%を割ってしまっている場合になります。
実は保険会社の言うがままに学資保険の契約にサインをしていると、実際には損をしてしまうような保険に入ってしまうことがあります。
保険の中でも学資保険は仕組みが少しややこしい面があります。

いくら保険といっても、貯蓄性を重視した商品なのに、元本割れのリスクがある場合は、少し注意が必要になります。
もし、将来の教育資金として考えているなら、積み立てた金額よりも少ない金額しかないとなると当てにしていたお金なのに期待ハズレだったということにもなります。
満期近くになってこうしたことに気づくのでは遅いのです。

そのため、最初の契約前の段階でしっかりとどういう性質の保険商品なのかということを確認しておきましょう。
さらにシンプルな設計にしておくようにしましょう。
保険会社の担当者は、いろいろな保障を薦めてくる可能性があります。

それはリスクに対する備えとしてアドバイスをしているわけですから、参考に聞くべきことです。
しかし、あまりにも保守的になりすぎてしまうと、医療保障やその他必要のない特約までつけてしまうことになります。
そうすると、特約部分の費用がかかってしまい、結果として還元率が100%を割ってしまうことになります。

そうならないためには、学資保険の本来の目的に立ち返って、貯蓄を重視した還元率が110%近くになるような学資保険を選んでください。
還元率については比較しているサイトや雑誌などを参考にするとよいでしょう。
もちろん、学資保険は通常の積み立て貯金をするよりもはるかに高利回りになっています。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.