月々の支払い

学資保険は子供が何歳から加入するもの?

学資保険はまだ子供が小さい頃に加入するものです。
保険会社のほうでも加入するための条件を出していますが、加入するタイミングを逃してしまうと、お得な保険のメリットを活かすことができずに終わってしまうことがあります。
そのため、子供が出来て産まれるといったことになれば、子供の将来についてはしっかりと考えておいてあげることです。

つまり、子供が出来る前からできるだけのことをしてあげることが大切です。
学資保険に加入する時期は、0歳から可能な場合があります。
これも保険会社によって違いがあります。

そして、5歳から7歳くらいまでが上限になっています。
ただ、これも保険会社によって差がありますが、15歳くらいまでの子供ならいつでも入ることができる学資保険もあります。
もし、子供が産まれてから加入することを忘れていたという場合は、後からでも学資保険に加入できる場合があります。

でも、学資保険に加入できるはずなのに、いつまでも迷っていてはいけません。
思いついたときや学資保険のことを知ったときに、できるだけ早めに加入することが大切です。
なぜかといいますと、早く加入すればするほど、月々の保険料の支払いが少なくて済むからです。

同じ金額の満期学資金をもらおうとすると、保険料をかける期間が長いほうが、一回ごとに支払う保険料が少なくなるからです。
ですから、子供が産まれる前から学資保険に入ったほうがいいということになります。
0歳から加入できるものもたくさんあります。

その頃から両親として、子供の将来をしっかりと見つめておき、何があっても大丈夫なようにしてあげるのが、一番の子供に対するプレゼントといえるのかもしれません。
産まれてくる子供のために、早め早めに手を打っておくことで、両親も不安になることもないでしょう。
子供が産まれる前はある程度考える時間もありますが、子供が小さいうちはとても手がかかります。
そうなってからでは遅いケースもあるからです。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.