月々の支払い

学資保険のメリットとデメリット

学資保険に加入する人は、その保険にメリットがあるから加入すると思います。
デメリットばかりでは加入する意味はありません。
そこでここでは学資保険についてメリットやデメリットについてみていくことにしましょう。

学資保険は単にお金を積み立てているだけではありません。
もし、契約期間中に保険契約者である親が死亡してしまったり、重度の障害が出てしまったときには、その後の保険料が免除されます。
しかし、満期学資金はその後満額受け取ることができるようになっています。

これは貯金とは大きな違いになります。
また、掛け捨てではなく毎月毎年保険料を積み立てるようになっていますので、定期的に祝い金がもらえたり、満期には満期学資金をもらえるようになっています。
保険はもらえるというよりも自分が掛けていたお金ですので、これは当然の権利だといえます。

また、100%を超える返戻率の保険もあり、これほど利回りのよい商品は銀行にはないといってよいでしょう。
また、子供のケガや病気そして、死亡に対しても手厚い保障でカバーすることができます。
しかし、学資保険のデメリットというとどのようなことが考えられるのでしょうか?あくまでも保険商品としての紹介になります。

そのため、加入時期が遅れてしまったり、保険本体にいろいろな特約を付けてしまうと保険料が元本を下回ってしまう恐れがあります。
元本割れが起こりやすい特約というと、育英年金が受け取れるものや、医療保障、そして死亡保障などの通常の生命保険や医療保険と変わらないような内容の保険は、学資保険とは違いますので、元本割れしてしまうことが多くなります。
また、途中で解約した場合も、ほとんどのケースでは、元本を下回ってしまいます。
さらに学資保険は契約時にすでに受け取り保険金が確定していますので、物価の変動には対応できないケースがあります。
新たに加入しようと検討している人は、メリット・デメリットをよく見極めて保険に加入するようにしてください。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.