月々の支払い

還元率が高い学資保険は月々の支払いも高い?

還元率が高い学資保険は、その率も100%を超え、110%近くになるものもあります。
そうした保険は銀行の定期預金と比べてもはるかに高利回りと考えられています。
しかし、普通の銀行預金が超低金利なのに対して、学資保険はなぜこれほどまでに高いのか不思議に思うことがあります。

まだ、保険に加入しておらず、今検討段階だという人は、還元率の高い学資保険は、月々の支払い保険料もとても高いのではないかと思ってしまうわけです。
というのも、そんなうまい話はなく、もしかしたら、高い還元率は見かけだけで、割高な保険料を支払ってしまうこともあるのではないかと思ってしまうようです。
しかし、学資保険はそうした危ない保険商品ではありません。

保険会社が扱っている正規に認められたものになります。
そのため、割高な保険料を支払うことはありません。
月々の支払いに関しても、子供が将来に必要な教育資金を貯めることが本当の目的になっているため、将来設計をきちんとした上で支払う保険料が決まってきます。

そのため、月々の支払いに関しては、還元率が高いとか低いといったことはほとんど関係ありません。
また、今現在の家計の状態も考えてできるだけ、無理なく支払える金額にすることで、保険料が支払えなくなったり、解約しなければならないリスクを減らすようにしたほうがいいでしょう。
子供に必要なお金は教育資金だけではありません。

他にも楽しみに必要なお金がたくさんあります。
無駄な保険料は支払う必要がありません。
いくら貯蓄性の高い保険といっても、必要のない保障までつけておく必要はないのです。

そのためには、将来のライフプランをしっかりと練りましょう。
よくわからない場合は、ライフプランナーにも相談して、学資保険も含めてバランスのよい家族と子供の将来設計を考えるようにしてください。
今はまだ産まれたばかりの子供かもしれませんが、将来独り立ちするための応援はしてあげたいものです。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.