月々の支払い

学資保険には医療への補償は含まれない?

学資保険は、将来の子供のための教育資金を補助するために入る保険で、どちらかというと貯蓄性を重視した保険商品といえます。
毎月一定額の貯金をして積み立てていけば、同じように教育資金を貯めることができます。
しかし、それは単なる貯金ということですし、その金利もとても少ないものです。

希望する金額を積み立てることは難しいでしょう。
しかし、学資保険なら保険料をきちんと支払っていると、教育資金は必ず受け取れるようになっています。
しかも、返戻率も100%を超えているものがほとんどですので、知らない間に貯蓄や運用も行われているということになります。

学資保険には、医療保障が含まれていることがあります。
通常は含まれていない保険がほとんどです。
学資保険には、両親や子供が亡くなったときには、一時金としていくらかお金が出たり、死亡後に保険料を支払う必要がないなどの仕組みがそろっています。

ところが、医療保障については、特約扱いになっていることがほとんどです。
これは子供が病気になったときには、別の医療に関する保障制度を使うことが多いということと、医療保障の特約をつけると、それだけ保険料が上がってしまうことになります。
また、特約分が受け取り金の返戻率を下げてしまうことになります。

保険料が多いと毎月の家計を圧迫しますし、子供は少し大きくなるとそれほど大病にかかるということはありません。
また、通常の健康保険で治療できるような軽い怪我や病気が多いからです。
しかし、学資保険でも特約で医療保険をつけて、万一の事態に備えることもできるようになっています。

医療保障を付けるの付けないのかは自由に選択できるようになっていますので、学資保険に加入する際には、医療保障をどうするのかをよく考えておきましょう。
ただ、学資保険の本来の意味に立ち返ると医療保障は、あくまでも学資保険に付加されたものとなります。
別途加入するよりも安くなる程度だと考えてください。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.