月々の支払い

学資保険の種類と保障内容

学資保険といってもその内容をよく検討すると、いろいろなパターンがあります。
しかし、大きくわけると4つに分けられるかもしれません。

一つ目は貯蓄代わりの学資保険です。
将来の教育資金を少しずつ貯めながら、契約期間が終わったときにその積み立てたお金を貰うということになります。
つまり、貯蓄することを目的とした保険として考えたものです。
子供が産まれてすぐの時期から積み立てることで毎月の支出をできるだけ抑えて、より多額のお金を貯めることができます。

二つ目は子供のケガや病気に備えた医療保障をメインに考えた保険です。
将来の教育費と医療保障を同時に実現することができます。
子供は突然病気にかかることがあります。
こうした事態は予想できませんので、あらかじめ学資保険でカバーできるということは大変メリットのあることです。

三つ目は契約者である両親が亡くなったときのことを考えた保険です。
この場合両親が亡くなった後に残された子供が生活費に困らないようにと考えられたものです。
親が亡くなった場合は、それ以降の保険料が免除されるなど、子供に負担がかからないような保障内容になっています。
育英年金と呼ばれるものが給付される保険がオススメになります。

四つ目は自分の子供のケガだけでなく、他人の子供をケガさせてしまったときにも、保険金がおりることがあります。
子供同士はちょっとしたことでもケンカをすることがあります。
子供だから大丈夫だと思っているととんでもないことになります。
子供は手加減を知らないので、本気でケンカをすることもあるからです。

また、相手の子供をケガさせたことで、親御さんにも迷惑がかかります。
こうした保障にも対応した学資保険があります。
このように考えると、学資保険にはさまざまな役割や保障内容があることがわかります。
どの保障を重視するかは両親と子供の将来設計にもつながります。
まだ子供が小さいうちによく考えて準備しておきましょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.