月々の支払い

学資保険とはどんな保険?

もうそろそろ子供が産まれる、または、産まれてからまだ一年ぐらいしか経っていないという人で、子供の将来のことを考えていないお父さんやお母さんはいないでしょう。
まだ、産まれて間もない子供でもあれやこれやとこの先のことを考えるととても楽しい気分になってきます。
しかし、子供が大人になるまでは、親が面倒を見なければなりません。

そして、早くから仕事をさせるよりも、しっかりと勉強をさせて社会へ出て欲しいと思うはずです。
そのためにはある程度のお金が必要です。
教育資金は子供一人だと数千万円かかることもあります。

そうした資金は急に出せるものではありません。
そこで貯金や学資保険といった形で少しずつ積み立てていく方法があります。
学資保険とはいったいどんな保険なのでしょうか?学資保険は、子供の教育費にかかるお金を補助するために、決まった保険料を支払い、そして、子供が大きくなって高校や大学に進学する際に給付金を受け取るという仕組みの保険です。

給付金はある程度まとまったお金になり、数十万円から数百万円ぐらいの幅で自由に受け取る金額を決定できます。
学資保険は貯蓄性のある保険商品になりますが、場合によっては特約を付けることで貯蓄以外の目的も果たすことができるようになります。
例えば、両親や子供が亡くなったときの生命保険の代わりにもなったりします。

さらに、子供が病気やケガになったときでも医療保険として保険金がおりることもあります。
このように考えると、学資保険は、保険でありながら、単に貯蓄をするよりもとても大きなメリットがものであると考えられます。
また、子供が産まれた時期に加入することで、保険料も安く済み、将来設計をきちんと考えているご家族にとっては、使いやすい保険であるといえます。
学資保険の満期給付金も、高利回りのものを選ぶようにすれば、貯蓄と保険の両方の機能を備えた保険として子供と家族の将来のリスクヘッジに最適なものだといえます。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.