月々の支払い

学資保険の必要性は?

学資保険に入ろうかと検討中のご家庭は、もう一度基本に立ち返ってなぜその保険が必要なのかをもう一度考えたほうがいいこともあります。
子供の教育にかかる費用がとても多いということに気づいて学資保険というものがあることを知った場合でも、すぐに保険に飛びつかず別の方法も考えた上で最終的に学資保険がいいというのであれば、問題なく加入すればいいでしょう。
しかし、一つの方法だけを検討し選んだということであれば、少し不安かもしれません。

後でもっといい方法があったと気づくことがあるからです。
特に保険商品は一年や二年の短期で考えるものではありません。
かといって生命保険のように何十年も先のことでもありません。

比較的近い将来に起こる子供の教育費について考えようということになります。
しかし、学資保険には年齢制限があり、たいていは0歳から5歳までが加入できる年齢制限になります。
ということは、早めに学資保険に入っておいたほうが後で入るよりもいいということになります。

5歳までは少し時間があります。
その間に子供が高校や大学へ行くわけですが、公立の学校ばかりではなく、私立の学校へ行くこともあります。
私立の学校へ行けば、もっと費用がかかってしまいます。

そうしたお金をいきなり用意することはできません。
学資保険にまずは加入しておけば、とりあえずは必要な教育資金は確保できていると考えてください。
もし公立の学校へ行ったとしても、結果的にはお祝い金や満期学資金によって、必ずかけたお金は返ってくることになります。

そう考えるとやはり学資保険に入っておいたほうがいいという結果になります。
もし、お金が足りなくなった場合は、保険の契約者貸付などもあります。
この場合は保険料を支払いながらでも一時的に割安な金利でお金を借りることもできます。
このように考えてみると、教育資金に限っては学資保険といった選択肢に絞られてくるといえます。
預貯金や株式投資は教育資金には向いていないからです。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.