月々の支払い

学資保険は具体的に何を保障してくれるの?

子供の教育費は年々上がっていきます。
子供が小さい頃はまだかわいいし、手はかかりますが、お金はかかりません。
しかし、子供が成長するにつれて、学費も必要になってきます。

私立の学校に行くのか、公立の学校に行くのか、選択肢はたくさんありますが、いずれにしてもお金が必要になってきます。
そこで保険でその費用をいくらか補助しようという仕組みがあります。
例えば、学資保険です。

学資保険は子供の教育費にかかるお金を補助できるよう設計された保険になります。
もちろん、保険料を支払う必要がありますが、子供が小さくてまだお金の余裕があるうちに加入しておくことで、将来子供が大きくなったとき教育費がたくさんかかる時期に合わせて給付金を受け取ることができるようなものです。
教育費はいくらかかるのかわかりません。

でも、多ければ多いほど余裕のある教育を受けることができます。
学資保険では祝い金が出るものもあり、しっかりとした教育を受けようとするご家庭にはとても人気のある保険になっています。
さらに生命保険の機能もあります。

親だけでなく、子供が病気になったり、亡くなったときでも、病気の治療費や死亡保険金が出るものもあります。
学資保険では契約者である両親が亡くなったときでも保険料が免除されるようになっています。
このように考えてみると、とても使い勝手のよい保険だといえます。

子供に保険をかけるのなら、ぜひ学資保険をかけるようにしましょう。
貯蓄性のある保険として、先行きが不透明な時代にあっては、子供が大きくなったときに、教育資金がないといったリスクを避けるために利用しておきたい保険です。
満期になったときの給付金を満期学資金といいますが、満期までの保険料やそれにプラスされて給付金が出ることもあります。
いろいろなパターンを選ぶことができるのも、この保険の特徴だといえるでしょう。
保険選びは人任せにせず、ぜひ納得の保険選びをするようにしましょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.