月々の支払い

外資系の学資保険とそれ以外どちらが良い?

外資系の保険会社も日本に数多く進出しています。
親会社はもちろん外国の会社にはなっていますが、実際に働いている人は日本人がほとんどです。
つまり、外資系の保険会社であっても、日本に合った保険商品を展開していることがほとんどです。

外資系の保険会社であっても、独特の商品を展開している場合でも、それを日本人や日本の風土に合ったようにカスタマイズして展開しています。
日本で展開している外資系の保険会社は、母体がとても大きな会社ばかりです。
ですから、まず保険会社が潰れてしまうといったことはないでしょう。

生命保険会社でも一時期は破綻して潰れてしまったところも日本国内にはいくつかあります。
でも、保険会社が破綻しても別の新しい会社がその業務を引き継ぐことが多いので、全く問題ないとみてよいでしょう。
このように考えると外資系であっても国内の保険会社であっても、安心して学資保険にも加入するようにしましょう。

ただ、日本に進出している外資系の保険会社の学資保険は、とてもきめ細かく設計ができるものが多くなっています。
これは日本の保険会社の学資保険には、型にはまったものが多いのに対し、外資系の場合はカスタマイズしやすい保険設計になっていることがあります。
そのため、外資系保険会社の学資保険は少しややこしい説明が多いのかもしれません。

保険はその人に合ったものでないと意味がありません。
外資系の場合は、その家族や子供のそれぞれに合った保険を提供することが多いようです。
逆に日本の保険会社の学資保険は、とてもわかりやすいものが多く、簡単な説明があればわかりやすいものがほとんどです。
これはどちらがいいとか悪いとかいった意味ではありませんが、好きなタイプのほうを選ぶようにしましょう。
ただ、外資系の保険会社であっても、参入してからかなり時間も経っていますし、日本人が保険の営業をしているので似通ってきたことは事実だといえるでしょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.