月々の支払い

どのぐらいの人が学資保険に加入しているの?

子供のために入る学資保険ですが、いったいどのくらいの人が加入しているのでしょうか?こうしたことはとても気になることです。
他のご家庭に聞くこともできず、とても気になる部分です。
あえて入る必要もないのか、入っておいたほうがいいのか、ここではっきりとさせておいたほうがいいでしょう。

学資保険に加入している人は意外と多く、実際には2人に1人以上の割合で加入していることになります。
このデータはあくまでもある年の新規契約件数を出生数で割った結果になります。
こうしてみると、意外にもたくさんの人が学資保険に加入していることになります。

やはり、教育に関する費用は年々上がっており、今後も減ることはないのかもしれません。
一部の地域では公立学校の無償化も始まっていることもありますが、それもいつ終わるのかわかりません。
教育資金も含めてお金に関しては、あったほうがいいに決まっています。

そのために学資保険に入る人が多くなっているのでしょう。
また、通常の積み立て貯金をするよりも圧倒的に利回りがいい商品が多くなっています。
そのため、貯蓄目的で加入する人も多くなっています。

学資保険は選び方を間違えなければ、子供だけでなく親にとってもとてもよい保険になっているといえるでしょう。
2人に1人以上の人が加入しているという現実を知ってしまうと、まだ加入していないという夫婦は少し焦ってしまうかもしれません。
ただ、考える時間はたくさんあります。

もし今すぐ必要がなくても、一年後にはどうしようか検討してみて、もし必要なければ、加入せずに自分で資産を運用してお金を貯めていくほうがいい場合もあります。
そして、一度契約をして保険料を支払った後は、何が何でも満期まで支払いを続けるようにしてください。
そうすれば、きっとかけておいてよかったといえる日が来るはずです。
加入することは強制ではありませんが、子供のことを考えるなら今から学資保険に加入しておきましょう。

Copyright(C) 2013 大切な子供のための保険 All Rights Reserved.